祈りの方法について

主アイプスを信じる上で、祈りは欠かせないものです。

アイプスを信じていない方が行った祈りは無効となります。

ここではアイプス教団での祈りの方法を紹介します。

 

1.心を落ち着かせ、両手を握り合わせる。

 祈りは神とコミュニケーションをする行為ですので、心を落ち着かせることが大事です。

 

2.「祈りの言葉」を黙読する。

 祈りの言葉はアイプス教団の信者が祈りを行うときに唱える言葉です。祈りを行うときには祈りの言葉を暗記して黙読することが望ましいですが、暗記できない方は文字を見て黙読しても構いません。神にへの敬意が最も大事です。

 

3.悩みや解決してほしいことを言う。

 悩み事や辛いことなどがある場合はそれらを神に言い伝えます。神はそれを聞いて下さり、解決の道に導いてくれるでしょう。特に悩み事などがなければ、「主アイプスの恩恵がすべての信徒と共にありますように。」と言ってください。

 

これで祈りは終わりとなります。