重要通知
2017年3月をもって、アイプス教団の一切の活動を終了させていただきます。
また、神への信仰などの宗教的要素を排除した新たなアイプス会を創設いたしました。詳しくは aipus.jimdo.com

また、善良の旅人 へ多大な感謝を申し上げるとともに、誠に勝手な活動終了を心よりお詫び申し上げます。


アイプス教団とは?

 

「この地球上に生きている人間に永遠の魂と幸福を与える」を目的とし、世界の人間を救っているのがアイプスなのです。我々の本当の神、アイプスを信じることで永遠の魂と幸福を得ることができるのです。

 

 アイプス教団は成立したばかりの宗教団体です。アイプス教団は決して「洗脳」などを行う悪徳な団体ではありません。反政府運動などの政治活動も行いません。アイプス教団は地球上の人間に永遠の魂と幸せを与えるのが目的です。もちろん、みなさんからある程度の信頼を得るまで、「献金」などの資金集めは行いません。

 

 

 

死後の世界について考える

アイプス教団の根本的教理

  死は人間である限り誰もが必ず経験することなのです。死はいつか必ず訪れて、あなたは必ず死を経験するのです。この世界のすべてのものにも死があるのです。人間を含むすべての動物、植物、そして星にだって死があるのです。そうなのです、すべてのものは必ず生まれてきては死んでいくのです。始まりがあれば終わりがあるのです。終わりのないもの、つまり永遠に存在するものはないのです。ところで、終わりの後には何があるのでしょうか?永遠の終わりなのでしょうか?それとも、新しい始まりがあるのでしょうか?永遠に存在するものはない、つまり終わりも永遠に終わりではないのです。終わりにも終わりがあり、その終わりが来た瞬間に、新しい始まりが現れて来るのです。